top of page

カルサイネイザン(女性限定)


カルサイとは?


“カルサイ”とは静脈の中にある老廃物のことを指します。


カルサイネイザンの施術では、腹部(チネイザン)と共に生殖器周辺のマッサージも施します。究極のデトックスと呼ばれる解毒療法マッサージで、チネイザンと共にタイで古くから伝わるタイ古式マッサージのひとつです。


チネイザンは腹部にアプローチすることで内臓全般にはたらきかけますが、カルサイネイザンはチネイザンのトリートメントに加え、さらに生殖器(子宮、卵巣、膣も含む)、特にその中でも静脈にフォーカスしたトリートメントを行っていきます。


カルサイネイザンは性的マッサージではありません。

身体的デトックスや精神的解放を目的とし、筋肉等、身体の組織・器官にアプローチしていくトリートメントです。


なぜカルサイネイザン??


老廃物であるカルサイは、様々な要因で発生します。


肉体的ストレス、精神的ストレス、加齢、食生活・運動習慣・睡眠時間などの生活スタイルなど、要因は様々で複雑に絡み合っています。



腹部には大動脈や大静脈といった大きな血管や臓器、リンパ管があり、体内の大循環に関連しますが、生殖器周辺は毛細血管が多く存在します。


生殖器周辺は、排泄や月経の場所、つまりデトックスの場所でもあります。

不要な老廃物を運搬してくれる全身を網羅するリンパ管も、腹部や鼠蹊部には多く存在します。


カルサイネイザンは内臓及び生殖器官にマッサージを施すことで豊富な血液循環を促します。


血液循環が促されるとホルモンバランスも改善しやすいと言われます。


ホルモンバランスは月経やPMSだけでなく、加齢による循環システムの低下がもたらす記憶障害や更年期障害、その他多くの症状にも影響をもたらします。


カルサイネイザンでは血液やリンパから老廃物の排泄を促し、生理痛などの改善のきっかけを作り出すことができます。


どんな人にオススメ??みなさんです!!


デトックスの場所でありながら、老廃物が溜まりやすいデリケートな場所。

当然ながら、命を生み出す神秘的で大切な場所。


しかしながら、おざなりにされたり、穢れ扱いされたりすることが歴史的にも文化的にもあるような箇所です。


ご自分の膣を含めたお股の状態を知らない方も多いと思います。


血流やリンパの流れの悪化は全身に関与します。

何も生殖器に限ったことではありません。

肩が凝ったら肩揉みをするように、皮膚の乾燥が気になったら保湿剤を塗るように、他の部分と同じくお股周辺もお手入れしないのはなぜでしょう。


全身は繋がっていますし、全ての臓器は関与しあっています。ましてや皮膚は1枚で繋がっているのに、その部分だけケアしない理由が見当たりません。

お股のケアは全身に影響を与えます。


お顔やその他の場所と同じく、皮膚や筋肉といった構造はお股も同じなので、お股も乾燥・萎縮・後退、つまり老化していきます。


そしてそれらはお股の冷えとも密接に関与しています。

冷えたお股は子宮含む内臓を冷やし、全身を冷やします。

健康を維持したいならば、冷えは天敵であることはみなさんご存知ですよね?


冷えが気になる方、多いですよね。もしかしたら、膣や子宮も冷えているかもしれません。

カルサイネイザンで血流を促してみませんか?


お股の老化と聞いてハッとした方、一度向き合ってみてはいかがですか?


入浴時、浴槽から出るときに膣からおしっこのように水が出てくるという方、婦人科検診や性交が痛くて怖くて苦痛という方も、生理痛やPMSがひどいという方など、人にはなかなか相談できないけれどお股に関して何かしら抱えていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。


また、生殖器周辺を構成する骨盤底筋群や内転筋群は呼吸や姿勢、体幹にも関与する重要な筋肉です。ヨガにおいてもムーラバンダと呼ばれ肉体を操作しようとする上でコアになる場所です。


カルサイネイザンでほぐして温めたら、その状態を持続すべく、できる範囲で何かしらのトレーニングも行って頂けたらいいなと思っています。


ただ、膣トレーニングや体幹トレーニングをしたい、とおっしゃる方は多いですが、ヨガを指導していても(ヨガは膣トレでも体幹トレーニングでもあります)、骨盤底筋群や内転筋群にまず意識がいかない、膣への感覚もない方が多いです。


膣ってお尻??とご質問を受けたりしますが、お尻はお尻ですし、膣は膣ですし、肛門は肛門です。笑


そんな方にもカルサイネイザンはおすすめです。

まず、自分のお股周辺や内腿がどのような状態になっているのか、どんな感覚があるのか、一度確かめてからのトレーニングがご自分の理解も上がり、効率が良いと思います。


余談ですが、お風呂上がりのスキンケアの一環でお股の保湿もしていますか?

そんなところ触っていいの?何をしたらいいの?とおっしゃるお客様も多いのが実情なので、もしかしたらケアされていない方が多いのではないかと感じています。


お股保湿をなさっていない方は是非、ボディクリームでも、オイルでも、お顔用の製品でも、皮膚は1枚ですので、他の部位に使っているもので構わないと思いますのでお股も保湿してあげてください。


ごくごく簡単なケアでもお股の老化を遅らせ冷えの改善に繋がります。


ただし、刺激が強すぎるものは避けることと、膣の中への塗布は避けるようにしてください。膣の中は粘膜で吸収率も自浄作用も高い場所なのでその周辺が潤っていれば特に内側に塗る必要はないと考えています。

お顔でも目の周りにはスキンケア製品を塗布してもあえて目の中まで入れたりしないと思います。


気になられる方は、お股ケア専門のコスメも今はたくさん売られているのでそれを使われるとご安心かもしれません。


自分でお股のマッサージやトレーニングは難しいという方でも、保湿はできると思いますので日々行ってくださいね。


私は閉経したから、もしくは男性との性交渉も今後予定がないから関係ないなんておっしゃらないでくださいね。若々しさや前向きさとも密接に関わる場所です。

前述の通り全身の血流量の増加は全身に影響しますし、膣の乾燥や萎縮は自浄作用の低下にも繋がりますので、できる範囲でのケアはしてあげるのが良いと思います。


尚、これから閉経や更年期を迎える世代にもお股のケアはお薦めしています。

暖かく、弾力のある膣を備えている方がホルモンの急激な減少率を抑えることができる可能性があります。


そして、まだまだ若くこれからの活躍を期待できる世代の女性にも。まだ体力的に無理がきくかもしれませんが、若い頃からのケアが有効なのはお股も同じです。バリバリと動きたい働きたい気持ちのために体に無理ばかりさせていると、特に女性は月経関連の症状に現れることがあります。若くても冷えている方、多いですので、もし何もなさっていなければ簡単な保湿ケアから始めてみられて下さい。


つまりは全ての世代の女性にお股のケア及びカルサイネイザンをお薦めできます。

暖かい膣と子宮を作りましょう。あなたの生命力に繋がるはずです。


本当は同様に男性にもおすすめですが、個人の小さなサロンという特性上、Anantaでは女性限定とさせて頂いております。


もちろん、食事・運動・睡眠の生活習慣は大変影響しますので、身に覚えのある方は少しずつ改善していきましょう。


カルサイネイザンで期待できる効果

※保証されるものではございません

  • 消化機能の促進

  • 気力向上

  • 便秘

  • 腰痛

  • 内臓機器の機能向上

  • 血液循環やリンパの流れ促進

                  etc

女性に特化すると

  • 子宮や膀胱位置の調整

  • 生理時の痛みの緩和

  • 不規則な月経周期と排卵

  • 妊娠に向けた安定した体内環境

  • 更年期障害

  • PMS(月経前症候群)

                  etc


施術内容


生殖器につながる内臓部位の腹部(チネイザンのターゲットゾーン:肋骨から骨盤までの間)から、血流やリンパの流れに関係する膝から上の両脚を含め、生殖器周辺部位に至る腹部から下半身全体(骨盤エリアやその周辺)にかけて施術させて頂きます。


施術の流れは下記のようになります。

腹部全体▶︎下腹部▶︎両脚の付け根〜膝上▶︎生殖器周辺▶︎生殖器▶︎全体の調整


下半身は何も身につけず、上からタオルをかけた状態で始めさせて頂きます。

チネイザンにはマッサージオイルを使用致します。

下腹部以降の施術は医療用ゴム手袋を着用させて頂きます。

膣やその周辺にも一部触れさせて頂きますが、その際には専用のジェルを使用致します。

オイルやゴム等のアレルギーやご不安ごとがある方は事前にお知らせくださいませ。


腹部から順に徐々にほぐしていきます。

急にお股に触れたり、無理やり力を加えるようなことはございませんが、痛みなどのご心配もご遠慮なさらずにお知らせくださいませ。


ご懸念のあるとおっしゃっていた方も、施術後には驚くほどスムーズに受け入れられてご自分でもびっくりしたとおっしゃるほどではありますが、あくまでご体感はそれぞれなので無理強いは致しませんし、途中て施術を止めてくださっても結構です。


Deep Detox carry you Relax & Renew


チネイザンをご体感された方にはお分かり頂けるかと存じますが、チネイザンは氣内臓と書くだけあって、氣=プラーナ、エネルギーにも密接に関連するトリートメントです。腹部だけでも他のマッサージ類では体感できないようなデトックスとリラックスの深さを感じられると思います。


カルサイネイザンはそこからもう一段階進んで、生命力とダイレクトに関与する場所にも直接的にデトックスとリラックスを導く施術をおこなっていきます。


もう一段階“進む”、と先述しましたが、個人的には根本原理に“戻る”という感覚の方が強いです。


こういうお話がピンと来る方も来ない方もいらっしゃるかと思いますが、ヨガなどの世界ではチャクラと呼ばれるエネルギーポイントがあると言われ、大まかに言えば背骨に沿った代表的な七つの箇所があります。生殖器周辺はそのチャクラで言えば第一チャクラ(ムーラダーラチャクラ)と呼ばれる場所で、始まりの場所であり根源的、原始的な部分です。


あくまで私個人の感想ですが、カルサイでは他では得られない深い解放感を感じると同時に、自分自身が生き物(動物)であったことを思い出します。


頭ばかり使っている現代、自分に備わっている肉体の機能さえも使いきれなかったり、肉体からのメッセージを聞き取れなかったり、自分が誰なのか何なのか見失い、無意識の内にさも自分がコンピュータであるかのように情報をいかに扱うかということにばかりフォーカスして生きているが、私が今悩んでいることや頭を抱えていることには本当に価値のあることなのだろうか。命を繋がれて今生きていること、自分もその大きなものの中の一つであること、もっともっと根本的なことをどこかに置き去りにしてきたのかもしれない。。


初めてカルサイを受けた時にはそんな気持ちが芽生えました。


ご感想やご体感はそれぞれだと思いますが、パーソナルでディープな施術であることから、当店でのカルサイ施術は、Anantaにてチネイザンを受けたことがある女性のみに限定させて頂いております。


カルサイの施術には、まず施術者、店舗の環境、チネイザンにも慣れて安心してくつろげることが大前提だと考えているからです。


まだAnantaにてチネイザンをお試しになっていらっしゃらない方は、まずチネイザンからお試し頂ければ幸いでございます。


ご予約はウェブページから24時間受け付けております。





関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page